楽天ペイアプリでSuica発行やチャージが可能に 将来的には楽天ポイントからSuicaへチャージする機能も

2020.05.26

楽天グループの楽天ペイメントとJR東日本は25日(月)、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」アプリにおいて「Suica」の機能を利用できるサービスを開始した。

本サービスの提供開始により「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行やチャージが可能となり、全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約94万店舗で「Suica」による支払いが行えるようになった。また、「楽天カード」を支払い元に設定し「楽天ペイ」アプリで「Suica」にチャージすると、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯められる。

ただし定期券・Suicaグリーン券の購入には対応しておらず、これらに関してはモバイルSuicaアプリを利用する必要がある。二社は今後、更なるサービス向上として同アプリ内で「楽天ポイント」から「Suica」へのチャージも可能にするという。

対応端末は「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid。Suicaのチャージが可能なクレジットカードは「楽天カード」(Visa/Mastercard/JCB/American Express)。iOS端末利用者も、「楽天ペイ」アプリ内のリンクからアクセスできるキャンペーンページでエントリーのうえ、「モバイルSuica」アプリもしくは「Apple Pay」にて「楽天カード」を利用して「Suica」チャージすることで、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯められる。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです