「疫病退散!アマビエ入場券」秩父鉄道が6月6日発売 ヘッドマーク掲出車両も不定期で運行中

2020.06.04

アマビエ入場券イメージ

秩父鉄道株式会社は2020(令和2)年6月6日(土)、疫病よけにまつわる伝説を持つ妖怪「アマビエ」をモチーフにした「疫病退散!アマビエ入場券」を発売する。

妖怪「アマビエ」とアマビエに扮した秩父鉄道のキャラクター「パレオくん」がモチーフとなったデザインのC型カラー硬券入場券。デザインは駅ごとに異なる。

発売価格は各170円。秩父鉄道の羽生、熊谷、秩父の各駅窓口のほか秩父鉄道通販サイト「ちちてつe-shop」でも3駅セットを販売する。発売期間は12月31日(木)までとなっているが、売り切れ次第終了となる。

また秩父鉄道では4月23日(木)より7500系1編成に「アマビエ」ヘッドマークを掲出して不定期で運行している。気軽に見に行ける世の中が帰ってくるよう、アマビエ様に祈るばかりだ。

「アマビエ」ヘッドマークイメージ
HM付き7500系車両

鉄道チャンネル編集部
画像:秩父鉄道株式会社


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです