九州新幹線 長崎ルートで初、インプラント工法 地すべり抑止杭工事_技研施工「GRBプラットフォーム」を初導入

2020.08.18

長崎県 東彼杵郡 東彼杵(ひがしそのぎ)町 坂本郷。

九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)彼杵川橋りょう建設工事で、インプラント工法を初採用した地すべり抑止杭工事が完了。圧入した杭上にワンタッチで取り付けられる足場「GRBプラットフォーム」(技研施工)も初導入して実施した。

施工は技研施工(技研製作所グループ)。

従来の地すべり抑止杭は、あらかじめ掘削した穴に既成杭を埋め込む「埋込み杭」が主流だった。

この九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)彼杵川橋りょう工事現場では、インプラント工法と埋込み杭工法(大口径ボーリングマシン+鋼管杭打設)が比較検討された結果、「GRBシステム」によるインプラント工法が次の2点で評価され、採用された。

(1)大規模な作業用仮設桟橋が要らない仮設レス施工により不安定な地盤を乱さない

(2)工費・工期ともに縮減できる

技研施工は、この現場にあわせ、「GRBプラットフォーム」を開発。飛び杭施工でもGRBシステムで施工できるようにした。

当初、現場を整地して杭材搬送路などを確保する計画だった。不安定な地盤に影響を恐れがあったため、新たな足場の開発が求められていた。

このGRBプラットフォームで、杭材搬送装置などが足場の上を移動できるようになり、飛び杭施工の仮設レス施工を実現。

整地で地盤を乱すリスクを回避し、足場には後工程の作業効率をアップさせる効果もあることから、同工法に注目が集まっている。


 
 
 
 

鉄道チャンネルyoutubeは動画コンテンツを、平日毎日更新中!

水曜日18時は、LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」を同時生配信!

ぜひチャンネル登録を!

◆鉄道チャンネル公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg

◆鉄道チャンネル公式YouTube 関連記事
https://tetsudo-ch.com/tag/tcyt

◆LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」
https://live.line.me/channels/576

◆鉄道チャンネル/tokyochips サブアカTwitterは 記事配信のほか グルメや街ネタ ガジェット 試してみた系いろいろ投稿中!
https://twitter.com/tetsudo546


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです