指定席特急券が格安に 「J-WESTチケットレス(ネット会員用)」10月から通年販売 JR西日本

2020.08.28

683系イメージ 写真:PIXTA

JR西日本は2020年10月1日(木)から、ネット予約サイト「e5489」で「J-WESTチケットレス(ネット会員用)」を発売する。

「J-WESTカード」会員向けのサービスをネット会員向けにも展開する形だ。京阪神エリアの主な特急列車の指定席をスマートフォンなどから予約し、チケットレスで利用できる。設定区間、価格、予約・利用方法は同じだが、予約の変更はできない。

購入には「J-WESTネット会員」への登録が必要で、発売タイミングも利用日の前日および当日の出発時刻2分前までに限られる。制約は多いものの、区間によっては指定席料金が通常の半額以下となりる。

たとえば草津~大阪間は普通車指定席(通常期)を利用した場合、特急料金は1,730円だが、「J-WESTチケットレス」なら730円ですむ。和歌山~天王寺は通常1,520円が630円に、三ノ宮~大阪は通常1,190円が520円になる。三ノ宮~大阪で特急に乗るかどうかはともかく、自由席より安い指定席は破格だ。

設定区間・おねだん 画像:JR西日本

むろん、別途利用区間を含む乗車券(定期乗車券、回数乗車券、ICカード乗車券含む)が必要だが、「びわこエクスプレス」や「くろしお」などの指定席に気軽に乗りたいときに選択の幅が広がるだろう。

また、10月5日から「びわこエクスプレス」1号・4号の4・8・9号車を自由席車両から指定席車両に変更。9月からは特急列車の普通車自由席に乗車できる2枚組の「自由席2枚きっぷ」も期間限定で発売する。10月1日からはJ-WESTカード会員・ネット会員向けに「J-WESTチケットレス」ICOCAポイント還元キャンペーンも実施するという。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです