THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~ 出発セレモニーの様子をお届け!

2020.08.28

2020年8月28日(金)、「THE ROYAL EXPRESS~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」の1回目の運行にともない、札幌駅で出発セレモニーが行われました。本列車は、東急・JR北海道・JR東日本・JR貨物の4社が連携して運行する観光列車です。車内サービスを東急、JR北海道が運行全般を担当。札幌を出発し、列車とバスを使って「十勝エリア」、「知床エリア」、「旭川・富良野エリア」を3泊4日の日程で周遊します。

客車を牽引する機関車(DE15・JR北海道所有)は「北海道の力強く明るく元気な太陽の色・収穫の色」としてオレンジにペイントされ、車内サービスを提供する電源車(東急所有)は、THE ROYAL EXPRESSのロイヤルブルーとオレンジをつなぐ色として白を基調としています。本列車の装飾は「THE ROYAL EXPRESS」を手掛けた水戸岡鋭治氏が担当。北海道の大自然を艶やかに彩ります。

JR北海道が所有するDE15
JR東日本から譲渡された電源車

主催挨拶で髙橋和夫氏(東急社長)は「THE ROYAL EXPRESSを運行することで沿線の観光を活性化させたい」、島田修氏(北海道旅客鉄道社長)は「THE ROYAL EXPRESSによって鉄道の旅の魅力が全国に発信されることを期待する」とそれぞれの思いが語られました。質疑応答で両社が提携するメリットを訪ねられると、島田社長は「東急が実施するサービスをJR北海道の観光列車に活かしていきたい」と回答しました。

東急髙橋和夫社長(左)とJR北海道島田修社長(右)

出発セレモニーには、鈴木直道北海道知事も招かれ、「2018年9月に発生した胆振東部地震の復興支援として企画された「THE ROYAL EXPRESS~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」の運行を今日迎えることができたのは、関係者のおかげ」と感謝していました。出発10分前に来賓者によるテープカットが行われ、11時2分に駅長の合図により、ブルーの車体はゆっくりとホームを離れて行きました。本列車は年内に3回運行予定で、2021年度の運行も決定しています。

THE ROYAL EXPRESS~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~ 2020年度運行予定
① 2020年8月28日(金)~31日(月)
② 2020年9月4日(金)~7日(月)
③ 2020年9月15日(火)~18日(金)

旅行代金 一人あたり68万円(税込) 2名1室利用の場合

文/写真:吉田匡和


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです