鉄道ファンのカメラマンたちは何を狙っていたの?【駅ぶら04】西武池袋線056

2020.11.02

※2020年8月撮影

トップ画像は、武蔵藤沢駅から稲荷山公園駅に向かう下り前面展望。上り準急池袋行とすれ違います。西武鉄道9000系です。お馴染みの黒い手すり。

前面展望は、武蔵藤沢駅を出ました。国道463号線が西武池袋線の上を越えています。

※2020年6月撮影

不老川を渡る手前に東京電力の送電設備があります。

※2020年6月撮影

北上していた池袋線は、左にカーブして西に向きを変えます。トップ画像の9000系とすれ違った直後です。

※2020年6月撮影

両側は航空自衛隊入間基地になります。この後稲荷山公園駅まで基地の中を進みます。かつては日本帝国陸軍航空士官学校と豊岡飛行場でした。

※2020年6月撮影

戦後進駐軍が接収、在日米軍ジョンソン基地になりました。米軍基地の資材運送用に下原貨物駅が開業し、ジョンソン基地が日本に返還され航空自衛隊入間基地となった後も使用されていましたが1982年(昭和57年)に廃駅になっています。貨物駅の痕跡は残っていませんが、この辺りだったのでしょうか。

※2020年6月撮影

武蔵藤沢駅から3.0kmで稲荷山公園駅。手前の踏切は航空自衛隊入間基地内のものです。

※2020年6月撮影

相対式ホーム、飯能・秩父駅側が大きくに左カーブしています。

※2020年6月撮影

下りホームの飯能・秩父駅側に改札口があります。こちらの踏切はもちろん基地の外、一般道です。

※2020年6月撮影

8月4日は最初に稲荷山公園駅に来ました。【駅ぶら】撮影後武蔵藤沢駅に上り列車で移動する時に左(北)側の車窓を撮りました。航空自衛隊入間基地内が見えます。

※2020年8月撮影

奥に滑走路があります。

※2020年8月撮影

では【駅ぶら】カット。上りホームの池袋駅側端部から飯能・秩父駅側を見ています。

※2020年8月撮影

ホーム端部には「この先 立入禁止」の看板が設置されています。ホームの外は基地内ですからね。

※2020年8月撮影

下りホームの飯能・秩父駅側。上りホームにカメラを構えた若者たちが何人もいます。ホームで鉄道車両を待っている様ですから一般的には鉄道ファンだと思います。

※2020年8月撮影

6人ほどですが、何か特殊な車両が来るのでしょうか。

※2020年8月撮影

待っていたら30000系スマイルトレインの下り急行池袋行が来ました。う〜ん、特に珍しい車両ではないと思いますが・・・。しかしカメラマン諸君はこの車両が狙いだった様です。この車両の出発後、全員が引き上げていきました。筆者の知らない特殊な事情があるのかなぁ。

※2020年8月撮影

不思議でしたが、長くなるので【駅ぶら】は次回に続きます。

【駅ぶら04】西武池袋線057 に続きます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです