有楽町線・副都心線10000系で「故障予兆検知システム」10月運用開始 新型17000系にも展開予定 東京メトロ

2020.10.05

故障予兆検知システムイメージ 画像:東京メトロ

東京メトロは三菱電機とともに、2020年10月より有楽町線・副都心線10000系車両で「故障予兆検知システム」の運用を開始する。

故障予兆検知システムイメージ 画像:東京メトロ

実際に営業運転する車両のブレーキ装置及び電動空気圧縮機(コンプレッサー)を対象とし、ブレーキ動作時の空気圧力やコンプレッサーの動作時間、温度異常を検知する。本システムは2021年2月に営業を開始する新型17000系にも展開する。

電動空気圧縮機、ブレーキ装置を対象に運用を開始する 画像:東京メトロ

二社は2018年度より丸ノ内線2000系車両において、走行中の車両機器状態を総合指令所などから遠隔でモニタリングできる「車両情報監視・分析システム」を導入。更なる安全安定運行の実現や、車両機器の状態を基準としたCBMによる車両検査の深度化・効率化を実現するため、走行中の車両機器の動作データを自動分析し、故障の予兆を自動検知するシステムを共同で開発してきた。

今後も機器の対象を制御装置や電源装置、保安装置など様々な装置に拡大していくという。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです