「ななつ星」の七年、小学館文庫から発売

2020.10.05

画像:JR九州

2013年10月15日に運行を開始したJR九州のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」は、今年で7周年を迎えます。

これにあわせ、ノンフィクション作家・一志治夫氏による『「ななつ星」九州をゆく―日本初のクルーズトレイン7年の軌跡―』が小学館文庫から発売されます。発売日は10月6日(火)、定価は本体800円+税。

同著は「ななつ星」の開発から誕生までを描いた『ななつ星物語』(小学館/2014年)に、運行開始後の7年間の軌跡を加筆し、手に取りやすい文庫サイズにしたものです。書店のみならず、10月15日(木)~18日(日)にJR博多駅で開催される「ななつ星 in 九州」with「36ぷらす3」アニバーサリーイベントでの販売も予定されています。

画像:JR九州
画像:JR九州

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです