JR東日本、常磐線我孫子駅のバリアフリー工事に着手 12月から

2020.10.13

画像:JR東日本

JR東日本は我孫子市の協力のもと、利便性向上を目指し、常磐線我孫子駅のバリアフリー工事に着手する。

工事には2020年12月ごろから着手。各ホームと改札内コンコースを接続するエレベーターを計4基新設し、改札内トイレ出入り口の段差を解消する。

エレベーターは2023年1月ごろから順次、改札内トイレは2021年12月頃に供用を開始する予定。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事