「東京都GoTo追加」で経路検索傾向はどう変わった? 人気はやはり「温泉」か ナビタイムジャパンが調査

2020.10.21

旅館の露天風呂、温泉イメージ 画像:jazzman / PIXTA

株式会社ナビタイムジャパンは21日、「Go To トラベル事業」東京都追加後の経路検索の傾向を分析、そのデータを公表した。

「東京都内発の都道府県別検索数の変化」では、同社が提供する各種ナビゲーションサービスの経路検索条件データから、東京都内を出発地として検索されたデータを抽出し、目的地として設定されたスポットを交通手段別/都道府県単位で集計した。9月と10月の最初の週末を比較している。

「東京都内発の検索スポットランキング」は東京都内を出発地として検索された10月1日(木)~18日(日)のデータを抽出し、どのようなスポットが人気を集めているのかを分析した。

公共交通利用では遠方の観光地が人気

画像:株式会社ナビタイムジャパン

公共交通の増加率では石川県が1.57倍で1位に躍り出た。以下、京都府(1.46倍)、長崎県(1.40倍)と続く。京都府の清水寺や長崎県のハウステンボス、鳥取県の鳥取砂丘など、屋外の観光地の検索数が多い。

画像:株式会社ナビタイムジャパン

1位の石川県で最も人気を集めたのは和倉温泉。山代温泉・加賀温泉なども多く検索されており、「Go To トラベル事業」を利用した温泉地での宿泊が人気と見る。新幹線でのアクセスが多い金沢駅周辺の兼六園や、金沢21世紀美術館なども人気だ。

自動車では首都圏近郊が上位に、ただし1位は京都

画像:株式会社ナビタイムジャパン

自動車を利用する場合の都内発都道府県別検索数の変化を見ると、1位は京都府の1.57倍だったが、それ以外は関東近郊や中部地方が多い。福島県(1.48倍)、群馬県(1.38倍)、栃木県(1.29倍)など、マイカーで訪れやすい関東北部の検索数が顕著に増えている。

画像:株式会社ナビタイムジャパン

ナビタイムジャパンは2位福島県、3位群馬県、4位栃木県、6位茨城県のデータを集計。最も人気だったのは「国営ひたち海浜公園」で、その他にも日光東照宮を含む日光エリアの検索数が多い。また草津温泉、伊香保温泉、リゾートハワイアンズなども多く検索されており、公共交通同様にマイカー利用でも温泉地が人気の観光地となっていることが分かる。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです