Suicaでビルへ入退館 新たなビジネスモデルの実証実験 2月から実施

2021.01.25

画像:JR東日本スタートアップ株式会社

JR東日本スタートアップ株式会社と株式会社Photosynthは、Suicaを活用した新たなスマートビル入退館システムの実証実験を開始する。SuicaのIDを活用した事前インターネット受付によるビル・駅業務施設の入退館を可能にすることで新たなSuicaの活用方法を創出するのがねらい。協力はJR東日本メカトロニクス。

実験期間は2021年2月1日(月)~3月末日まで、場所はJR東日本本社ビル受付。今回はJR東日本社員を対象に実験を行い、支社などで働く社員の本社来訪シーンにおけるビル入退館の体験向上を検証する。

事前に発行者(ホスト)から訪問者(ゲスト)へメールを送信し、ゲストが当該メールにSuicaのIDを入力すると、来館当日に受付に立ち寄ることなく入館できるようになる。また一度Suicaを登録すると、次回以降はホストに招待してもらうだけでスムーズな入館が可能になるという。

画像:JR東日本スタートアップ株式会社

Akerunブランドのクラウド型IoTサービスを手掛ける株式会社Photosynthは、 アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」をスマートビル入退館システムの認証基盤として活用することで、 Suicaの新たな活用方法の創出に貢献するとともに、“キーレス社会”の実現に向けた取り組みを推進していく。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです