終電繰り上げや日中の運転間隔・本数を見直し 東急2021年3月ダイヤ改正

2021.01.26

東急電鉄は2021年3月13日、全線でダイヤ改正を実施する。すでに報道されている通り、こどもの国線を除く東急線全線で15分~30分程度の終電繰り上げを行うほか、利用動向の変化に応じて運行ダイヤを適正化する。

※終電繰り上げは1月20日から実施している緊急事態宣言に伴う最終列車の繰り上げとは内容が異なる。

平日朝の時間帯には、東横線で平日6時台に運行している上り特急を1分時短、また田園都市線では中央林間始発の急行・準急を拡充するなど、利便性と速達性の向上も行われる。

運行ダイヤの適正化について

田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線では、日中時間帯(10時台~16時台)を中心に、利用動向の変化に対応した運行ダイヤの適正化を実施。東横線、田園都市線では、朝間・深夜時間帯においても一部区間・一部列車で適正化が行われる。

田園都市線

田園都市線では平日・土休日の日中時間帯運転本数が変わる。

【渋谷発下り】
現行:急行4本、準急2本、各停8本
改正後:急行3本、準急3本、各停6本

【中央林間発上り】
現行:急行6本(うち大井町行き2本)、準急2本、各停6本
改正後:急行6本(うち大井町行き3本)、準急3本、各停6本

平日17時台は混雑緩和のため、渋谷発下り各停の運転本数を11本→12本に増やす。

大井町線

平日・土休日における日中時間帯の運転本数を見直す。

【大井町発下り】
現行:急行4本、各停10本
改正後:急行3本、各停9本

池上線・東急多摩川線

平日の日中時間帯(10時30分~15時30分)で、運転間隔を見直し。現行の6分間隔から改正後は7分~8分間隔に。平日の夜間時間帯では池上線の運転本数と行先を、東急多摩川線の運転本数を見直す。

【五反田発下り】
現行:21時台蒲田行き 10本、22時台蒲田行き 7本・雪が谷大塚行き 2本
改正後:21時台蒲田行き 9本、22時台蒲田行き 8本

【多摩川発下り】
現行:22時台蒲田行き 9本
改正後:22時台蒲田行き 8本

また平日、土休日の雪が谷大塚発上り五反田行き始発列車を5:00発から4:59発に変更する。

世田谷線

平日の日中時間帯で運転間隔を見直す。

現行:6分間隔
改正後:7分~8分間隔

夜間時間帯は下記の通り運転本数を見直す。

【三軒茶屋発下り】
現行:22時台下高井戸行き 7本
改正後:22時台下高井戸行き 6本

【下高井戸発上り】
現行:21時台三軒茶屋行き 8本、上町行き1本
改正後:21時台三軒茶屋行き 7本、上町行き1本

平日、土休日の下高井戸発上り三軒茶屋行き始発電車は5:13発から5:11発に変更。

平日7時台の上町発下り下高井戸行きは1本増発、上町発上り三軒茶屋行き1本を下高井戸発三軒茶屋行きに変更する。

こどもの国線

田園都市線との接続を考慮し、一部列車の時刻を変更するほか、平日の夕夜間時間帯で運転本数を見直す。

【長津田発下り】
現行:17時台 3本、18時台 4本、23時台 4本
改正後:17時台 4本、18時台 5本、23時台 2本

平日朝間の速達化や利便性向上

東横線では平日6時台上り特急の横浜→渋谷間所要時間が1分短縮され、横浜6:25発→渋谷6:50着に。

田園都市線では平日6時台の中央林間始発準急1本を急行に変更し、これまでの中央林間6:54発→渋谷7:47着を中央林間7:00発→渋谷7:44着へ。また平日7時台の中央林間始発準急を2本から5本に拡大する。

画像:東急電鉄

最終的な各駅時刻表は2021年3月上旬から各駅・同社ホームページなどで順次告知される。ダイヤ改正の詳細が掲載される東急線電車時刻表は2021年3月、東急線各駅で発売予定(※世田谷線は三軒茶屋駅・上町駅・下高井戸駅、こどもの国線は恩田駅・こどもの国駅を除く)。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです