東海道新幹線、3月の臨時列車は全て運休 1日平均310本の定期列車のみに JR東海

2021.02.12

JR東海は12日、2021年3月の東海道新幹線・在来線特急の運転取りやめについて発表した。

東海道新幹線の臨時列車は全て運転取りやめるも、定期列車は全て運転する。1時間あたりの本数は「のぞみ」号4~6本、「ひかり」号2本、「こだま」号2~3本となる。

1日の運転本数は平日314本、土曜日303本、休日296本。期間中の一日平均列車本数は310本で、変更前の平均383本/日から73本減。

また高山本線では下呂、高山方面の臨時特急「ワイドビューひだ」の運転を取りやめる。対象列車は3/20・21・27・28の「ひだ81号」(名古屋 10:18発 高山 12:58着)と「ひだ82号」(高山 17:36発 名古屋 20:02着)、3/6の「ひだ61号」(名古屋 6:15発 高山 9:11着)。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです