東海道新幹線カラーのドーナツも 「いいもの探訪」に神奈川県の地産品やコラボ商品が登場 3/12~

2021.03.10

JR東海は、地産品の販売などを通じて沿線地域の魅力を発信するサイト「いいもの探訪」にて、2021年3月12日午前10時から神奈川県の地産品の取り扱いを開始すると発表しました。

今回新たに登場するのは、スイーツ、肉・魚、フルーツ、酒類など約40品(15生産者)。中でも鉄道ファン向けの目玉商品ともいえるのがこちら。

神奈川県で人気のドーナツ専門店「ミサキドーナツ」とのコラボレーションで生まれた「新幹線ドーナツセット」です。

白地に青ライン・黄色地に青ライン(ドクターイエロー)の新幹線カラー・ドーナツと定番のドーナツがセットで、お値段は3,200円(税込)。また、新幹線N700Sをデザインしたトートバッグが付いたセットも「いいもの探訪」限定で販売します。

コラボトートバッグセットは3,680円(税込)
「いいもの探訪」で購入した方には、「オリジナルBOX」に入れて配送

純米吟醸 N700Sラベルのオリジナルボトルも

「S.tokyo 2020」いいもの探訪 新幹線ボトル

新幹線が絡む商品はドーナツだけじゃありません。「いいもの探訪」では、200年近い歴史を持つ老舗酒造「中沢酒造」(足柄上郡)のお酒も扱います。

今からおよそ1世紀以上も前に発見された幻の清酒酵母を使い、2020年に仕込んだ純米吟醸松みどり「S.tokyo 2020」――これを同年デビューした新幹線N700Sのラベルを貼ったオリジナルボトルに詰め、限定1,000本販売します。

オリジナルラベル

こちらは「いいもの探訪」と中沢酒造の酒蔵などでの限定販売。価格は2,354円(税込)とお手頃で、呑み鉄へのプレゼントにも最適ですね。

生産地見学ツアーも

今回のラインナップ拡充にあわせて、ジェイアール東海ツアーズは沿線の魅力を体感できるツアー商品「いいもの探訪ツアー~湘南・横浜編~」を販売します。

新型コロナウイルス対策に1名2席で利用できる貸切バスを使用し、今回の取扱商品生産地見学や今年没後50年を迎える日本画家・山口蓬春の記念館などを巡ります。出発日は2021年5月7日(金)、5月21日(金)、6月11日(金)、6月25日(金)で、申込期限は各出発日の16日前までとなっています。

鉄道チャンネル編集部
(画像:JR東海 ※記事本文中の画像は全てイメージです)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです