霞ケ関駅発、東武THライナーが期間限定で草加駅停車 TOBU POINTも通常3%から15%相当に

2021.04.07

東武鉄道は2021年4月12日~6月11日まで、霞ケ関駅発の「THライナー」を草加駅に臨時停車させる。

THライナーは2020年6月6日より運行を開始した東武線・東京メトロ日比谷線相互直通運転の座席指定制列車。使用する車両はL/Cカーの東武70090型で、朝は久喜駅発 恵比寿駅着2本、夕夜間は霞ケ関駅発 久喜駅着5本設定されている。

草加駅の利用者数は1日平均約88,000人(2019年度)。東武スカイツリーラインで4番目の乗降者数を誇り、同駅利用者が東京メトロ沿線に出かける機会も多いことから、期間限定で停車駅としたという。

時刻表はこちら

※東武線内から日比谷線内に向かうTHライナーは草加駅に停車しない。また、草加駅は降車専用のため、草加→久喜といった利用はできない。

座席指定料金・きっぷの購入は

別途運賃が必要

座席指定券は東武鉄道・東京メトロの駅窓口や自動券売機、東武ネット会員サービスから購入できる。

霞ケ関駅から草加駅までの座席指定料金は大人580円・小児300円で、別途運賃が必要。座席指定席券なしで乗車した場合は、大人小児ともに料金表の発売額に200円加算する。

券売機や東武ネット会員サービスでは降車駅・到着駅を選択する画面に草加駅は表示されないので、同じ値段の新越谷駅までの座席指定席券を購入すれば良い。

チケットレスでポイントUPキャンペーンも

THライナーの草加駅臨時停車にあわせ、同社は「THライナー・TJライナーポイントUPキャンペーン」もあわせて実施する。(2021年4月12日~6月11日)

東武ネット会員サービスでTHライナーおよびTJライナーの座席指定券を購入すると、TOBU POINT付与率が通常3%のところ15%相当に。

TJライナーは2021年3月のダイヤ改正から朝の上りで増発されており、東武は「4月からの新生活にあたり、ますます快適で便利になった着席サービス、THライナー・TJライナーに是非ご乗車ください」と案内している。

鉄道チャンネル編集部
(画像:東武鉄道)

次ページTHライナー座席指定券発売箇所及び発売期間


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです