ヒヨドリ君がいました【駅ぶら04】新宿線68

2021.08.11

※2021年3月撮影

トップ画像は、新宿線入曽駅を通過する下り急行本川越行電車。三代目「L-train」です。

入曽駅東口から東南側を見ています。交番があります。

※2021年3月撮影

反対側。右は跨線橋から見えた団子屋さんです。こちらを真っ直ぐ行って「茶摘み通り」に行きます。

※2021年3月撮影

なかなかシブイ焼き鳥屋さんがあります。でもまだ開店前。

※2021年3月撮影

駅から北西に歩いてきました。良さそうな居酒屋が気になります。でもここから三浦半島の自宅に帰るのは流石に遠い。酔っぱらいmodeでは帰るのが億劫になっちゃいそうです。(笑)

※2021年3月撮影

足下にマンホールの蓋。狭山市の花は「つつじ」木は「茶の木」鳥は「おなが」です。

※2021年3月撮影

農協の駐車場の向こうを特急「小江戸」が通過しました。

※2021年3月撮影

茶摘み通りに当たりました。AコープとJAの農産物直売所。いいですね。野菜の好きな筆者は寄りたいのですが【駅ぶら】中は買物NGと自分で決めています。

※2021年3月撮影

踏切から入曽駅ホーム。

※2021年3月撮影

踏切を過ぎて新宿線を振り返っています。これが茶摘み通り。夏も近づく八十八夜〜♪ 鼻歌がでてきます。

※2021年3月撮影

西口方面に行く道が他に無さそうなのでとりあえず曲がります。

※2021年3月撮影

畑と広大な駐輪場の向こうに入曽駅が見えたので一安心。しかし入曽駅が開業してから125年も経つ割には、ホーム横が駐輪場、そして畑のままなんですね。こちら側に西口が出来たのは1996年、それでも25年前です。

※2021年3月撮影

近くの木の枝にヒヨドリがいました。日本では特段珍しい野鳥ではないのですが、ヒヨドリは日本以外では簡単に見ることが出来ないらしく、わざわざ外国からヒヨドリを見に来る野鳥ファンがいるそうです。

※2021年3月撮影

余談です。昔、東京都の仕事で小笠原諸島母島に特別天然記念物のハハジマメグロを撮影に行きました。母島に雀はいません。その代わりにメジロがたくさんいました。愛玩用に島に持ち込まれたのが逃げて繁殖したそうです。メジロの百羽に一羽くらいの割合でちょっと大きめのメグロがいます。甘い果物を並べたり、撮影には苦労しました。25年前の話です。

広い駐輪場の周囲を回って西口に向かいます。

※2021年3月撮影

グルグル回ってようやく西口のある道に出ました。

※2021年3月撮影

入曽駅西口です。

※2021年3月撮影

改札口を入ります。

※2021年3月撮影

では、次の狭山市駅に向かいます。

(写真・文章/住田至朗)

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです