小田急「駅スタンプ」一斉リニューアル

2021.06.01

新宿駅は高層ビル群を背景にロマンスカーを前面に配置したデザイン

小田急電鉄は2021年6月1日、小田急線全70駅に設置している「駅スタンプ」を一斉リニューアルした。

新たな駅スタンプは、「小田急線各駅のまちの特色や駅舎の特徴などをコンセプトに、かつて使用していた改札鋏の切り込み形なども加えたデザイン」(小田急電鉄)となっている。

たとえば新宿駅では高層ビル群を背景に同社の顔である特急ロマンスカーを配置。「片瀬江ノ島駅」では本格的な竜宮造りの駅舎を前面に押し出し、「黒川駅」のデザインは読売日本交響楽団演奏によるクラシック楽曲が駅構内BGMとして流れていることを表現したものに。スタンプカラーは3種類で、小田原線はロマンスカー・GSE(70000形)を意識した赤、江ノ島線は海の青、多摩線は丘陵の緑とした。

「黒川駅」「片瀬江ノ島駅」の駅スタンプデザイン

新宿のロマンスカーだけでなく、現役・引退車両が様々な駅スタンプにデザインされており、車両好きにも楽しめるポイントとなっている。

利用の際は改札窓口の駅係員へ。ただし一部の駅での係員不在時間帯には利用できないため、事前に同社公式ホームページの「駅・時刻表」を確認されたい。

小田急電鉄は今後、スタンプ収集を楽しめるような企画を検討していくとする。

鉄道チャンネル編集部
(画像:小田急電鉄)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです