上越新幹線E4系「Max」最後の定期運行は10月1日に決定

2021.06.18

上越新幹線E4系「Max」の定期運行最終日は10月1日(金)に決まった。6月18日時点における引退までのE4系「Max」編成の運転予定は下図の通り。

画像:JR東日本

Max とき 316号・Max たにがわ 316号及びMax とき 348号・Max たにがわ 348号は、高崎駅~東京駅間で併結し16両編成で運転する。Max とき 321 号・Max たにがわ 321 号は東京駅~越後湯沢駅間で併結し、16両編成で運転。

なおJR東日本新潟支社は、定期運行終了後の10月半ば、E4系「Max」編成を使用するツアーを実施する。現時点では10月9日・10日に新潟駅・盛岡駅間を各日片道運行する「サンキューMax とき&やまびこ」と、10月16日と17日に新潟駅~東京駅間を両日とも往復する「サンキューMax とき」の発売が予定されている。詳細は決まり次第発表される。

また6月19日(土)から、上越新幹線停車駅(新潟県内の停車駅限定)のNewDays、NewDays KIOSKでラストランオリジナルグッズの新商品を発売する。

販売店舗は新潟駅・燕三条駅・長岡駅・浦佐駅・越後湯沢駅の「NewDays」「NewDays KIOSK」(画像:JR東日本)

ラストラン専用ホームページでは2021年7月1日より定期運行ラストラン当日までのカウントダウンを開始するほか、新たに「E4系 Max 大解剖」のコンテンツをバージョンアップする。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです