ノートPCとフラおじさんハンバーガーと地ビールで特急ひたちを待つ_福島いわき、しあわせ時間

2021.07.03

本州最大の炭鉱といわれた常磐炭礦をルーツとし、1966年に「常磐ハワイアンセンター」という名でオープンした日本初のテーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」。

その最寄り駅のひとつが、常磐線 湯本駅。1897(明治30)年開業した歴史ある駅で、ホームは2面3線。駅舎はスパリゾートハワイアンズ側へとむく2階構造。

ここ湯本駅は、常磐線特急ひたちが、ほぼ毎時1本停車する。たとえば「次の特急ひたちまで40分ある」といったときも、湯本駅はいろいろ楽しい時間を過ごせる。

たとえば、いわき湯本温泉街を歩いてもいいし、足湯や日帰り入浴でひと休みしてもいい。

湯に浸かったり、フラおじさんハンバーガーを買ったり

また、ちょっと地元グルメをという人は、湯本駅前にあるコンビニ、ワイワイショップ 湯本駅前店へ。

ここでは、画像↑↑↑のような「フラおじさんハンバーガー」が売ってる。これも、うまい!

ちなみに、「1本あとの特急ひたちで帰ろうか」って決めると、もっといろいろできる↓↓↓

湯本駅2階が7月6日から無料ワークスペースに!

そんな湯本駅はことし7月6日、2階フロアをワークスペースとしてリニューアル。

電源コンセント28口(1テーブル 7口×4台)、無料Wi-Fi、26席(テーブル20席・カウンター6席)などを備えて無料開放する。

飲食もOKということで、駅前のコンビニでフラおじさんハンバーガーと地ビールを買って、ここでノートPCを広げてちょっと仕事を片付けながら特急ひたちを待つ……なんてこともできる。

ちなみに、湯本駅のまわりには、老舗喫茶店もいろいろある。たとえば駅前交差点の角に店を構える「天都居」(画像↓↓↓)は、THE昭和な喫茶店。これで「あどりぶ」って読む。

こうした喫茶店でナポリタンとか頼んでみて、特急ひたちをゆっくり待つ……っていうのも、あり。

◆常磐線沿線がいろいろ再起動!
スパリゾートハワイアンズは全室ツイン最上級ホテル「カピリナタワー」が2022年夏に開業!
専用空間や自動化技術に大注目
https://tetsudo-ch.com/10007597.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです