ローカルなのに新しい車両基地カフェ、戸建て分譲住宅やマンションの建設がすすむ終着駅の先で発見

2021.08.02

埼玉県さいたま市緑区。東京メトロ南北線・東急目黒線へと直通する、埼玉高速鉄道線の北端駅―――浦和美園。

この浦和美園を最寄り駅とするのが、東京2020オリンピック サッカー 男子一次ラウンド(グループA)日本vsメキシコや、サッカー女子準々決勝 日本vsスウェーデン、そして男子準決勝 日本vsスペインが繰り広げられる地、埼玉スタジアム2002。

この埼スタへむけて、浦和美園駅から歩いていくとみえてくるのが、埼玉高速鉄道 浦和美園車両基地。

車両基地の先は、なにもないのどかな新興住宅地がひろがる。そんな風景のなかに、「あれ、ここはなんだろう?」と思わせる白い三角屋根の建物がある。

しかも、浦和美園車両基地 北端のすぐちかく。

東急やメトロ、SRの電車が並ぶ姿をながめながら……

8月2日、仕事の帰りにぐうぜんみつけたお店。なかをのぞいてみると、カフェやバールのような雰囲気。

Googleマップでみてみると、「石窯料理の店 fam」(イタリア料理店)とある。そう。ここは最近できたイタリア系レストランらしい。

なにかに不明の引力に誘われて店内に入ってみると……きれいなコテージ風のつくり。ひとりで過ごせるカウンターもあれば、ファミリーでわいわいと楽しめるテーブル席や、テラス席もある。

そこで「うわっすごっ!」と思わず声に出してしまったのが、窓から見える風景。

なんと、窓やテラス席から、浦和美園車両基地がいい感じでみえる! こんな感じ↑↑↑

写真やレポートを許してくれた店主いわく、「電車好きのグループやファミリーが、テラス席で電車をみながらゆっくり過ごしていく」という。

この日も、浦和美園車両基地で休む東急5080系・3000系や東京メトロ9000系、埼玉高速鉄道2000系といった電車がずらっと並ぶ風景が、テラス席から遠望できた。

しかも「ディナータイムの夜は、車両基地の電車たちが構内電灯に照らされて、浮かび上がるようにみえてきれい」とも……。

―――こんなお店があるのどかな終着駅、浦和美園。いまここは、戸建て分譲住宅や、高層マンションの建設ラッシュ。都心から浦和美園に居を移した人たちが、こうしたカフェでのんびり、鉄分補給してるらしい。

<鉄道チャンネル 関連記事>

◆どうなる東京の地下鉄ネットワーク メトロ有楽町線延伸と品川新線は「早期の事業化を図る」 交政審答申を深読みすれば【コラム】
https://tetsudo-ch.com/11648342.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです