ガリガリ君がやってくる 秩父鉄道が氷菓メーカーとタイアップしてSLや急行列車運転

2021.08.08

「ガリガリ君×秩父鉄道記念乗車券」=イメージ=

夏のグルメはアイス――。埼玉県の秩父鉄道は、沿線に近い同県深谷市の氷菓メーカー・赤城乳業とタイアップして、「ガリガリ君が秩父鉄道に遊びにやってくる2021」を展開する。2014年から続く夏定番の企画で、2021年のイベント期間は8月1日~12月31日の5カ月間。

主なメニューは「ガリガリ君×秩父鉄道スタンプラリー2021」、「ガリガリ君×秩父鉄道記念乗車券」、「SLガリガリ君エクスプレス」、「急行ガリガリ君エクスプレス」の4件。スタンプラリーは、羽生、熊谷、武川、寄居、長瀞、皆野、秩父、御花畑、三峰口の9駅に置く特製スタンプのうち3駅分を専用台紙に押すと、アクリル製キーホルダーをプレゼント。キーホルダーには、SLのポーズで走るガリガリ君をデザインした。

記念乗車券には、武川駅発の乗車券と急行券をセット。ガリガリ君のバーにある「当たりマーク」に引っ掛けて、乗車券でも当たりが出ると、オリジナルエコバッグをプレゼントする。

SLガリガリ君エクスプレスは、8月20、21、22日と9月25、26日、熊谷―三峰口間に運転。列車には特製ヘッドマークと特別客車案内板(サボ)を付ける。8月21、22日は長瀞駅前にガリガリ君(着ぐるみ)がゲスト出演する。

急行「ガリガリ君エクスプレス」は、元西武鉄道の新101系電車で8~9月に毎日運転。特製ヘッドマークを付ける。乗車には急行券が必要。

文:上里夏生
(画像:秩父鉄道)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです