浅草2355発 日光216着、東武鉄道500系 臨時夜行列車「日光紅葉夜行」10月に6日間運転

2021.09.04

東武鉄道500系の夜行列車で、浅草から日光へ―――。

東武鉄道と東武トップツアーズは、10月9日(土)・16日(土)・22日(金)・23日(土)・29日(金)・30日(土)の6日間、東武スカイツリーライン 浅草駅から日光線 東武日光駅まで臨時夜行列車「日光紅葉(こうよう)夜行」を走らせる。

車両は TOBU FREE Wi-Fi や各座席コンセントがある東武特急車両500系リバティ6両編成1本を使用。今回は、新たに隣の座席を気にすることなく、車内でゆっくりと過ごせる「ゆったり2座席利用プラン」を用意した。

こうした臨時夜行列車で深夜時間帯に出発することで、道路混雑を避け、奥日光の色鮮やかな紅葉を早朝から満喫できるという。

東武日光駅で仮眠、専用バスで日光の名所へ

臨時夜行列車「日光紅葉夜行」は、浅草駅を23時55分に出発、途中、北千住(24:10発)・春日部駅(24:45発)からも乗車できる。東武日光駅には2:16着。車内は1時ごろに減光する。

東武日光駅到着後、4時ごろまで列車内で仮眠ができる。10月9日出発分(10月10日バス出発分)のみ、3時ごろまで列車内で仮眠ができる。

また、終点の東武日光駅からは、専用バスで中禅寺湖・竜頭の滝・戦場ヶ原・湯元温泉などをめぐれる。

今回のプランは、往路片道プランと往復プランを設定。旅行代金は↓↓↓

(1)往路片道プラン(浅草駅発の場合)
大人 6,400円 子ども 4,200円(日光自然博物館入館券つき)
大人 6,000円 子ども 4,000円(日光自然博物館入館券なし)
(2)往復プラン(浅草駅発の場合)
大人 8,400円 子ども 5,200円(日光自然博物館入館券つき)
大人 8,000円 子ども 5,000円(日光自然博物館入館券なし)
(3)ゆったり2座席利用プラン
追加料金1,500円(大人・小児同額)で、1名2座席を利用することができるプラン。

同ツアーは、東武トップツアーズ各支店または東武トップツアーズWEB販売センターで9月9日から各出発週の金曜日17時まで発売する。土曜日の当日出発分は発売できない。

画像:東武鉄道
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです