相鉄・東急直通線用新型「相鉄21000系」9月デビュー 10日からグッズ販売で認知度向上図る

2021.09.02

相鉄・東急直通線用の新型車両「21000系」イメージ

2022年度下期に開業予定の相鉄・東急直通線用(東急線内は目黒線直通用)の新型車両「相鉄21000系」が、2021年9月から営業運転を開始する。同社は今年度中に21000系を4本(8両×4編成、計32両)導入すると発表済みだ。

同車両の認知度向上を図る相鉄は、9月10日より順次「SOTETSU GOODS STORE」二俣川で「相鉄21000系グッズ」を販売する。アクリルキーホルダーや定規、そして相鉄グッズとしては初登場となる「ハシ鉄キッズ」(鉄道車両をデザインしたお箸)など、三種のアイテムに新型車両をデザインした。

「相鉄21000系アクリルキーホルダー」イメージ
「相鉄21000系定規」イメージ
「相鉄21000系ハシ鉄キッズ」イメージ(※ハシ鉄キッズのみ9月24日発売)

次ページそうにゃんグッズの新商品も


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです