東京タ~東福山のコンテナ貨物列車5060レ 5061レが西濃運輸カンガルーライナーTF60に

2021.09.22

西濃運輸のコンテナが占拠するカンガルライナーに3本目のスジが登場―――。

西濃運輸、日本フレートライナー、JR貨物の3社は、東京貨物ターミナル(東京都品川区)~東福山(広島県福山市)779kmを行くコンテナ貨物列車を10月5日から、ブロックトレイン「カンガルーライナーTF60」に設定する。

カンガルーライナーは、西濃運輸がコンテナ貨物列車の編成一部を貸し切る列車の愛称で、西濃運輸・日本フレートライナーのトラックで貨物駅に持ち込まれた積み合せ貨物を、受託人の日本フレートライナーが貨物列車に積載し、貨物駅間をJR貨物の貨物列車で直行輸送する。

今回の東京貨物ターミナル~東福山 カンガルーライナーTF60で3本目(3往復目)。

カンガルーライナーTF60は、下りが東京タ6:58発、東福山21:22着。列車番号は高速コンテナ貨物列車5061レ。

上りは東福山4:14発、東京タ20:19着。列車番号は高速コンテナ貨物列車5060レ。上下とも途中、姫路貨物駅で着発線荷役作業(E&S)がある。

カンガルーライナーTF60のコンテナ貸し切り割合は、全20両編成のう15両が西濃運輸、残り5両が一般利用。積載貨物は1列車あたり31ftコンテナ30個(往復60個)。

今回の西濃運輸・JR貨物グループのブロックトレイン新設で、CO2排出削減量年間8,083tを見込み、社会問題であるトラックドライバー不足の緩和とCO2排出量削減によるカーボンニュートラルをめざす。

カンガルーライナーはこれで、(S)吹田貨物ターミナル~(S)仙台港でコンテナ60個を占めるカンガルーライナーSS60、(N)名古屋貨物ターミナル~(F)福岡貨物ターミナルでコンテナ64個を占めるカンガルーライナーNF64、(T)東京貨物ターミナル~(F)東福山でコンテナ60個を占めるカンガルーライナーTF60の3本に。

画像:T.Tsuchiya / PIXTA
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです