DMV初運行など鉄道の話題豊富 「四国DC」がスタート ニューノーマルの観光に大きな一歩【コラム】

2021.10.09

桜の大洲城(愛媛県大洲市)をバックに肱川を渡る初代「伊予灘ものがたり」キロ47形での運行は今年で最後となります

JRグループ旅客6社と香川、愛媛、徳島、高知の4県が中心になって四国の観光を発信・誘客する、全国規模の大型観光キャンペーン「四国デスティネーションキャンペーン(四国DC)」が、2021年10月1日からスタートしました。期間は同年12月31日までの3ヵ月間。キャッチフレーズは、八十八箇所のお遍路さんをモチーフにした「しあわせぐるり、しこくるり。」で、「四国を訪れた方に幸せがめぐり来るように」の願いを込めました。

新型コロナでこの1年半、日本の観光・旅行業界はかつてない厳しい状況に置かれたわけですが、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除され、「ニューノーマル(新しい常態)の観光」に踏み出す最初のステップが四国DCといえるでしょう。DC期間中、JR四国もさまざまな観光列車を走らせて、来訪する観光客を迎えます。鉄道サイドの話題を柱にポイントをまとめました。

2017年以来4年ぶり6回目

四国DCでは、本サイトでも「JR四国全線フリーや観光列車乗車可能なものも! チケットレス利用も! お得きっぷをバンバンご紹介!」などのニュースが掲載済みです。DCについて再度の説明は不要でしょうが、地元が観光メニューを用意して、JRが駅や車内のポスターで宣伝、割安な企画きっぷで送客を受け持つ。地元にも、JRにもメリットが発生するWinWinの営業キャンペーンで、1978年の「きらめく紀州路」を第一弾に、40年を超す歴史を持ちます。

四国を対象にしたDCは、2017年4~6月以来4年ぶり6回目。難しい時期のキャンペーンを、主催者はどう考えるのか。JR四国の西牧世博社長は2021年9月27日の会見で、次のように述べています。

プレゼンであいさつする四国ツーリズム創造機構の半井真司代表理事(JR四国会長)。「四国 DCを四国観光振興の起爆剤に」と、旅行会社に送客への協力を呼び掛けました

「四国DCは予定通り実施したい。政府内では、行動制限の緩和に関する議論も始まっていると聞く。DCは当初は四国内、その後は全国に向けて発信を強化していく(大意)」。観光・旅行業界の2021年のトレンドにならい、スモールツーリズムで始動、徐々にペースを上げる考えです。

次ページ線路と道路の両方を走れるDMV


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです