子どもIC運賃を50円に!小田急が2022年春から実施、子育て世代を応援

2021.11.09

小田急電鉄は2022年春から、小児運賃(IC利用)を小田急線内一律50円とする。

分かりやすく利用しやすい運賃体系とすることで、将来を担う小児の外出をより身近なものにする。同社によれば、小児運賃(IC利用)を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化するのは全国の鉄道で初めて。

通学定期乗車券やフリーパスなどの企画券についても、一部を除き小児運賃・料金の改定を予定しており、これらの施策詳細は決まり次第発表される。

目的は「子育て世代の応援」

小田急電鉄は2021年11月8日、同社沿線における子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyu パートナー宣言」を策定した。

宣言は子育てに想いを持つ社員を中心にまとめたもので、小田急線を中心に子育てしやすい沿線にしていくという同社の方針を示した。「小児IC運賃の低廉化」は、そんなポリシーを体現する抜本的施策となる。

その他にも2021年5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」の常設化や、駅へのベビーカーシェアリングサービスの本格導入なども検討しているという。

2021年11月27日、28日、12月4日、5日の4日間はこの小児IC運賃一律50円化を記念した「小田急 こども100円乗り放題デー」も実施する。

画像:鉄道チャンネル
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです