比叡山延暦寺「不滅の法灯分灯式」に挑む市川海老蔵 京都平安大使「世界に届け 希望の祈りと灯り」親子共演前夜に

2021.11.10

世界の安寧を願い、いま心をひとつに。

そんなメッセージを込めて京都・平安神宮で行われたのが、京都平安大使就任記念 市川海老蔵 平安神宮特別記念公演。

1200年も灯り続ける延暦寺の法灯と奇跡のコラボレーションが、ここ平安神宮で結実―――。

この平安神宮特別記念公演は、次のような歴史と想いが重なり合って実現した。

「平安神宮ご祭神『桓武天皇』は、国の平安を祈って京都に都を移し、天台宗の宗祖・伝教大師『最澄』は、国の安寧を願い比叡山延暦寺を建立」

「新型コロナウイルスが猛威を振るう、人類史上稀な苦境に陥っている世界のために、1200年の時を越え、その祈りが再び出逢い、平安神宮と比叡山延暦寺、さらに市川海老蔵氏とともに、きぼうの祈りとあかりを世界にとどけます」

特別記念公演の前夜、延暦寺で「不滅の法灯分灯式」

京都平安大使実行委員会は、特別記念公演開催前日となる11月5日、比叡山延暦寺で「不滅の法灯分灯式」を実施。

不滅の法灯は、天台宗総本山 比叡山延暦寺の開祖伝教大師 最澄が灯明をかかげて以来、1200年もの間、絶えることなく輝き続けている法灯。

今回、その脈々と受け継がれている法灯を、平安神宮特別記念公演にあわせ、比叡山延暦寺の協力を得て、京都平安大使・市川海老蔵が、歌舞伎俳優個人で初の分灯式に参列した。

「きぼうの祈りとあかりを世界にとどけ」

市川海老蔵かねてからの願い「歌舞伎を世界に、そして世界平和を」という熱い思いが結実し、史上初の試みが実現。

京都平安大使実行委員会は、比叡山延暦寺・平安神宮・市川海老蔵の“奇跡のコラボ”について、現地からこう伝えている。

「光とは、未来や希望を表します。この希望の光によって、世の苦しみや困難が消え去り、皆と共に希望の未来をつくりたいと考えております」

「また、今回の分灯を通して、比叡山延暦寺と平安神宮の神仏習合が市川海老蔵氏の手により実現し、異文化を融合させるような光になればと強く願います」

―――この「不滅の法灯分灯式」を経て、比叡山の灯りが山を下り、平安神宮の特設ステージに灯された。

そのステージを見届けようと集まった3000人以上を魅了させた、市川海老蔵と長女・市川ぼたん、長男・堀越勸玄の親子3人による華麗な舞については、また別で記すことに。

◆京都平安大使就任記念 市川海老蔵 平安神宮特別記念公演
https://kyoto-heian.jp/

こちらの記事もオススメです