新幹線 東京 名古屋 京都 新大阪にJR東海版テレキューブ「EXPRESS WORK-Booth」12/1 利用開始

2021.11.24

JR東海は、東海道新幹線のさらなるビジネス環境整備として、EXサービス(「エクスプレス予約」「スマートEX」)会員向けワークスペース「EXPRESS WORK」を、東海道新幹線の4駅6か所に設置。12月1日から利用できる。

東京駅にはEXPRESS WORK-Booth、EXPRESS WORK-Lounge、EXPRESS WORK-Office が、名古屋駅・京都駅・新大阪駅にはEXPRESS WORK-Booth が設置される。

それぞれの特長は次のとおり。

EXPRESS WORK-Booth

個室で周囲を気にせず仕事や Web 会議を行いたい人向けの施設で、東京駅、名古屋駅、名古屋駅直上JRセントラルタワーズ、京都駅、新大阪駅に設置。利用料金は従量課金制で275円/20分。営業時間は7:00~21:30(全日)。

EXPRESS WORK-Lounge

複数人での打合せや落ち着いた空間で仕事に集中したい人向けの施設。東京駅直上、東海道新幹線日本橋口改札から徒歩約1分の場所に立地し、個室や会議室などさまざまなタイプの席を用意。利用料金は従量課金制でオープン席220円/20分、半個室275円/20分、個室330円/20分、会議室2,200円/20分など。営業時間は8:00~20:00(平日)。

新幹線再生アルミや、富士ヒノキの間伐材を使用するなど、環境に配慮した施設としても注目を。

EXPRESS WORK-Office

法人向け家具付き小規模レンタルオフィスで、短期間の入居もできる。東京駅直上、東海道新幹線日本橋口改札から徒歩約1分の場所に立地し、出張時の拠点やサテライトオフィスなどに活用できる。賃料は月単位で35万2,000円/月~。

画像:JR東海
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです