JR川越・八高線209系3100番台、2021年度中に運行終了 JR東日本大宮支社が体験ツアー発売

2021.12.10

JR東日本大宮支社は209系3100番台列車を使用する体験ツアー「ありがとう!川越・八高線で愛されてきた209系3100代」を開催すると発表。209系3100番台の今後について、「2021年度中に運行を終了する予定」と言及した。

「ありがとう!川越・八高線で愛されてきた209系3100代」の開催日は2022年1月8日(土)・9日(日)。2021年12月17日(金)10時よりJRE MALL 大宮支社ショップで発売する。

「川越駅から走行モーター音が良く聞ける車両に乗車いただき、普段は乗車できない、南古谷駅から川越車両センターへの特別列車乗車体験、車両センター構内入換体験をご提供いたします」

「その後、車庫内で209系3100代車両を2編成並べた撮影会の他、普段は入ることの出来ない運転室で、ブレーキ機器などに触れ、運転士気分を体験していただけます」(いずれもJR東日本大宮支社)

販売金額は15,000円(税込)。募集人数は各回先着32名。対象年齢は中学生以上。

画像:JR東日本
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事