キリン スプリングバレー豊潤<496>でワンランク上の幸福、王道で正統「人はビールで感動できる」を飲んで実感

2021.12.13

「おうち飲み時間が充実すると、その日を幸せな気持ちで締めくくれる」

「ちょっとした非日常を感じたくて、ビールといっしょにいつもより高いフードを買う」

―――コロナ禍以降、自宅時間への投資が増加し、ビール業界の調査でこんな声が集まったという。

また、自宅での食事で普段よりお金をかけることが増えたことで、いま「自宅でワンランク上の本格クラフトビールをじっくり味わう」というトレンドに乗り、大手スーパーなどもクラフトビールの棚を充実させているという。

そんなトレンドを体感すべく、自称ビール好きでキリン一番搾り愛好中年が、地元スーパーで買ってみたのが↓↓↓

キリン SPRING VALLEY 豊潤<496>

ゲットした キリン SPRING VALLEY 豊潤<496>(スプリングバレーほうじゅんよんきゅーろく)をネットでチェックしてみると、こんなキャッチコピーが載っている。

「愚直にまでおいしさを追求した、感動するほどおいしいクラフトビールが誕生!」

「人はビールで感動できる。これぞ、クラフトビール。スプリングバレー!」

もはや、この時点でビール好きは、「どれどれどれ…」と早くその赤い缶のプルタブを開けたくなってくる。

早くグラスに注ぎたくなるのをぐっと抑えて、缶デザインに込められたキリンの想いを……(早く呑みたいっ!)。

「ワインレッド×ゴールドで、ビールとしての王道感・正統感。そして1870年設立『スプリングバレー・ブルワリー』に着想を得て現代化したデザインに」

なるほど。王道で正統、そして老舗ブルワリーをオマージュか。よし、いただきます!

きめ細やかなふわとろの泡と、口に広がる麦のうまみ…

まずこの色! この時点で、いつも飲んでるビールと違うのは一目瞭然。

「1.5倍の麦芽、4種のホップをたっぷり贅沢に使用」というから、こんな深く輝くブロンズ&ゴールドな色が出るのか。

そして、じっくりゴクッと飲んでみると……!

ホップの爽やかな香りがリッチに感じて、ちょっとだけ濃い口感、そして後口がスムーズ。ワンランク上のビールを飲んでるって実感。

それもそのはず。「ホップのさわやか麦芽はキリンラガービールの1.5倍。ホップを4品種を組み合わせ、理想の味わいに」というこだわりが、わかる、わかる。

ドラマ「孤独のグルメ」井之頭五郎(松重豊)ふうにいえば、「いいぞ、いいぞ!」な気分。彼は酒飲めないけど。

きめ細やかなふわとろの泡と、口に広がる麦のうまみ……。

クラフトビールのなかでも、このキリン SPRING VALLEY 豊潤<496>が売れてる理由が、飲んでみてわかった。

―――「構想10年、試験醸造250回、素材も手間も時間も一切手加減なし」で世に問うキリン SPRING VALLEY 豊潤<496>。いまこそ、ワンランク上のビール本来のおいしさ、奥深さを、自宅でじっくり、体感してみて。