JR北海道、キハ283系特急「おおぞら」の記念特急券発売へ 2022年3月定期運用終了

2021.12.21

キハ283系特急「おおぞら」イメージ(画像:Jun Kaida / PIXTA)

JR北海道釧路支社は2021年12月21日、来春3月に予定されているキハ283系特急「おおぞら」の定期運用終了を記念し、記念特急券を発売すると発表した。

キハ283系特急「おおぞら」は1997年3月に「スーパーおおぞら号」としてデビュー。釧路駅~札幌駅間の高速化と道東から札幌圏の往来を促す役割を果たした。

JR北海道は2021年9月15日時点で「検討中の項目」として、キハ283系「おおぞら」の置き換えに触れており、先日発表された2022年春のダイヤ改正内容では、キハ261系22両を追加投入し、「おおぞら」6本すべてを置き換えるとしている。

記念特急券は2,830枚発売

記念特急券 券面イメージ(画像:JR北海道釧路支社)

釧路支社は2021年12月27日、釧路駅にて記念特急券を発売する。金額は2,640円で発売枚数は2,830枚。購入枚数に制限はないものの、窓口が混在している場合などは、一度に購入できる枚数を一人5枚までに制限する。

記念券は自由席特急券として使用できるが、乗車日を指定した「前売り」は行わない。購入特典として、記念特急券1枚ごとに、釧路駅に掲示している特急「おおぞら号」のポスター(B1サイズ)を贈呈する。(283枚限定、無くなり次第終了、梱包用品が必要な場合は各自用意)


LINEで送る

オススメ記事