「EF65形電気機関車」が変形!トランスフォーマー「MPG-02 トレインボットゲツエイ」 2022年9月発売

2022.01.14

タカラトミーは2022年9月下旬、EF65形電気機関車から完全変形するロボット「MPG-02 トレインボットゲツエイ」を発売する。

「MPG」は「マスターピースG」の略で、Gとは GATTAI(合体)、GIANT(巨大化)、GREAT(グレート!)を意味する。新しいトランスフォーマートイの最高峰シリーズだ。

1987年に発売した列車6車両が合体する「トレインボットライデン」を『トランスフォーマー MPG』で復活させるプロジェクトの第2弾。0系新幹線をモデルとした第1弾『MPG-01 トレインボットショウキ』を皮切りに、2年かけて6体を順次商品化する。

「ゲツエイ」はTVアニメ「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」で活躍した、夜戦を得意とする戦闘員。

EF65形は1965年に開発され、ブルートレインなどの寝台列車もけん引した直流用の電気機関車。ゲツエイのモチーフになった車両は1000番台(PF形)とのことで、商品画像のナンバープレートは「EF65 1120」となっている。同機は現在も下関総合車両所に所属している。

鉄道模型ブランド「TOMIX」の制作チームも協力し、HOゲージサイズで細部までリアルに再現した。たとえば、アニメではパンタグラフが省略されているが、着脱式の合金パーツを付けて実車の外観を再現できるようにしている。

発売価格は17,600円(税込)。「タカラトミーモール」で予約を受け付けている。また『トランスフォーマー MPG』専用サイトでは、2022年1月14日(金)より毎週2点ずつ、コラボジオラマフォトを掲載する。

© TOMY JR 西日本商品化許諾済 ©東映


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです