電車は千葉ロッテマリーンズファン、駅や沿線は撮り鉄…佐々木朗希 登板前日の武蔵野線で出会ったEF65

2022.04.17

4月16日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ VS 北海道日本ハムファイターズの終了後にある仕事のため、武蔵野線で海浜幕張へむけて移動していたとき、武蔵野線の各駅に、府中本町方面をカメラで狙うファンが大勢いた。

南流山方から武蔵浦和方面へむかう列車を待ち構えているようで、仕事まで少し時間があったので、とある駅で降りて武蔵野線築堤脇で待ってみた。

この築堤脇にも、三脚を持った撮り鉄がひとり、ふたりと増えてきて、まだ場所を探っているようで「狙いの列車はまだまだ先か」と悟って駅へ戻ろうとしたとき、やってきたのがこの列車。

けん引機は新鶴見機関区所属のEF65形2097。その次に宇都宮貨物ターミナル所属のヨ8000形8629、コンテナ車コキ3両と続く。

あとで貨物時刻表をみてみると、この列車がやってきた時間や、宇都宮貨物ターミナル所属のヨ8000がついていることから、宇都宮貨物ターミナル発、隅田川駅行きの臨時配給輸送列車のよう。

この列車は武蔵野線を新越谷方から南流山方面へ走っていくので、前述のファンたちが狙う列車とは逆方向。これじゃない。

この列車が通過したあと、ZOZOマリンスタジアムでの仕事の時間が迫ってきたので、現場を離れることに……。

そしてこの日の夜、彼らが待っていた列車がわかった。

尾久車両センター所属E26系を、高崎車両センター所属EF64形1001が引く、団体臨時列車「信州カシオペア紀行」を待っていたみたい。

この翌日、4月17日のZOZOマリンスタジアム 千葉ロッテ VS 日ハム戦は、4月10日にオリックス・バファローズ戦で史上16度目の完全試合を達成し、NPB記録に並ぶ1試合19奪三振、NPB記録を64年ぶりに更新する13者連続奪三振という記録を残した佐々木朗希が登板。

なんと、この日の ZOZOマリンスタジアムは全席完売の満席。新型コロナウイルス感染以前のにぎわいが戻ってきたかたち。


LINEで送る

オススメ記事