JR東日本「GV-E197系」「E493系」量産車新造へ 2023年度以降、順次運用開始

2022.05.13

E493系交直流電車
GV-E197系電気式気動車(写真左はGV-E196形、右はGV-E197形)

JR東日本は事業用の「GV-E197系電気式気動車」(新型砕石輸送気動車)と「E493系交直流電車」(事業用電車)の量産車を新造する。

2021年に製造した量産先行車の性能試験や技術的検証が完了したことから、仕様を踏襲しつつコストダウンを図った量産車を投入し、老朽化した機関車・貨車を置き換える計画だ。

「GV-E197系」は、砕石を搭載する車両(ホッパ車)を含む6両編成を6本、牽引用の車両を2両新造。「E493系」は2両編成を1本新造する。2023年度以降、順次運用を開始する予定としており、同社全エリアで運用する。

「GV-E197系」は砕石輸送や砕石散布作業のほか、非電化区間の車両入換作業や回送車両などの牽引に使用する。「E493系」は車両の入換作業や回送車両などの牽引に使用する。

(画像:JR東日本)


LINEで送る

オススメ記事