上越新幹線、最高速度275km/hに 所要時間は最大7分短縮 2023年春

2022.06.07

北陸新幹線・上越新幹線で使用されるE7系車両(写真:tarousite / PIXTA)

JR東日本は7日、上越新幹線(大宮~新潟間)の速度向上に必要な工事について、2022年度末までに完了する見通しが立ったと発表した。上越新幹線用の車両も2022年度末に全てE7系に統一し、最高速度を現行の240km/hから275km/hに引き上げる。

所要時間は大宮~新潟間で最大7分程度の短縮を見込む。また大宮~高崎間を走行する北陸新幹線も、最大2分程度短縮される。新ダイヤへの変更は2023年春を目指す。

画像:JR東日本


LINEで送る

オススメ記事