北大阪急行延伸区間駅は箕面萱野と箕面船場阪大前

2018.07.27

北大阪急行電鉄と箕面市は、北大阪急行電鉄南北線延伸線の新2駅を、箕面萱野と箕面船場阪大前と名付けた。

箕面萱野の駅周辺は1948(昭和23)年まで萱野村と呼ばれ、箕面市萱野という地名が現在も残る。

また、みのおキューズモール一帯を かやの中央と呼び、地元では由緒ある「萱野」という地名が現在でも親しまれている。

この地名に、大阪市内や府南部など遠方の人もわかるように箕面を組み合わせた。

箕面船場阪大前の駅周辺は、昭和40年代に大阪市中央区船場にあった繊維問屋街の一部が移転し、大阪船場繊維卸商団地としてまちびらき。箕面市にも船場という地名が存在する。

また今後、大阪大学箕面キャンパスが移転し、同地区の拠点となることが見込まれるため、箕面、船場、阪大前を組み合わせた。

TAGS 北大阪急行


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです