快速「青森・盛岡ライナー」18本運転へ IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道が共同企画

2022.06.16

東北新幹線の延伸開業により誕生したIGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道は、ともに本年12月1日で開業20周年を迎える。

両社はこれを記念し、乗車券のみで乗れる臨時直通列車の運行やおトクなきっぷの発売といった共同企画を実施する。

快速「青森・盛岡ライナー」

通常の直通運転区間(八戸~盛岡間)を青森~八戸~盛岡間に拡大した快速列車。7月と9月の三連休に18本運転する。

<運転日>
7月16日(土)、17日(日)、18日(月)
9月17日(土)、18日(日)、19日(月)
9月23日(金)、24日(土)、25日(日)
※10月も運転予定、詳細は8月下旬ごろ発表

<使用車両>
青い森701系2両 セミクロスシート車
(青森鉄道車両による青森~盛岡間直通運転は今回が初めて。なお、車両運用の都合によりロングシートのみの車両に変更となる場合がある)

<運転時刻>
上り 青森 8:25発 → 盛岡 11:22着
下り 盛岡 17:55発 → 青森 20:44着

青森~盛岡間をつなぐオトクなきっぷ

両社線を経由して青森→盛岡へ向かう「盛岡割引きっぷ」、盛岡→青森へ向かう「青森割引きっぷ」を大人3,500円、小児1,750円で発売する。

<発売期間>
2022年7月8日(金)~10月31日(月)
<利用期間>
2022年7月16日(土)~10月31日(月)

「盛岡割引きっぷ」は青い森鉄道の青森~三沢間各有人駅窓口、「青森割引きっぷ」はIGRいわて銀河鉄道の盛岡~二戸間の各駅窓口(小繋を除く)で発売。またスマートフォンアプリ「RYDE PASS」ではデジタルチケットも発売する。

また、両社線が2日間乗り放題になるフリーパスタイプの「もりもりフリーパス」も発売する。価格は大人5,500円、小児2,750円。

<発売期間>
2022年7月8日(金)~10月31日(月)
<利用期間>
2022年7月16日(土)~11月1日(火)
<発売箇所>
青い森鉄道 各有人駅窓口
IGRいわて銀河鉄道 各駅窓口(小繋、斗米を除く)
スマートフォンアプリ「RYDE PASS」

「もりもりフリーパス」を提示することで「びすとろ銀河」「銀河ダイニング へのへの」「モーリーズカフェ」で一品追加や割引などの特典が受けられる。きっぷの詳細は各社ホームページで7月上旬に発表。

20周年企画では、このほかにも記念グッズの発売などが検討されている。


LINEで送る

オススメ記事