国鉄特急形気動車キハ183系 2022年度で定期特急運用から離脱、後継はキハ283系_記念入場券やかぶりつきシートを発売中

2022.07.13

1986(昭和61)年に登場し、北海道内各地の特急列車で活躍。現在は石北線の特急 オホーツク(札幌~網走) 大雪(旭川~網走)を担っている国鉄形特急気動車―――キハ183系。

このキハ183系はが2022年度に石北線の定期特急列車運用から離脱し、特急 おおぞら などを担っていたキハ283系が後を継ぐ。

さらに、1992(平成4)年に運用を開始したノースレインボーエクスプレス車両が2023年春でもって運行を終了する。そこで↓↓↓

「いまこそ輝け!北のキハ183系 記念入場券」を発売

石北本線をはじめ、これまでキハ 183 系車両が走った全道10駅で、「いまこそ輝け!北のキハ183系 記念入場券」を発売中。

記念入場券は各駅限定枚数にて発売のため、無くなり次第販売終了。さらに石北線ゆかりの5駅を集めた人には、「5駅達成特別カード」をプレゼント。

画像↑↑↑は各駅の表面・裏面デザイン。

「かぶりつきシート」を指定席として発売

また、キハ183系は、道内の定期特急列車で唯一、客席からの前面展望(もしくは後面展望)を楽しめる車両ということで、7月から4号車の2席も指定席として発売し、合計4席を事前申し込みできるようになるから、気になる人は公式サイトをチェックしてみて。

対象列車: 特急 オホーツク 大雪
対象座席: 1号車 17 番A席・B席、4号車 17番A席・B席
発売開始日: 各列車の運転日1か月前の午前10時
料金: 通常の指定席と同様に乗車券と指定席特急券で利用できる
その他: 業務の都合上、乗務員室にJR北海道関係者が添乗する場合や荷物を置く場合もある。

(画像:JR北海道)


LINEで送る

オススメ記事