ミスワールド2018日本女子30人がパジャマランウェイ

2018.08.10

世界3大ミスコンテストのなかで最も歴史が古く、68年に渡り開催され、参加国数最多を誇る世界最大規模のミスコンテスト―――ミス・ワールド。

その日本代表選出をひかえたミス・ワールド・ジャパン2018ファイナリスト30人が8月9日、都内でパジャマ・ランウェイに挑んだ。

パジャマ・ランウェイは、オーダーまくらと寝具の専門店「まくらぼ」とミス・ワールド・ジャパンのコラボレーションイベント。

ファイナリストたちは、「日本女性の美のために設計された」という まくらぼオリジナル枕「ビューティースタイルピロー」をかかえ、パジャマ姿で華麗にランウェイに登場。

また、ショー後半は、まくらぼ(大和屋ふとん)齊藤淨一社長が登壇。より良い睡眠にむけた技術やコツを、ファイナリストたちに伝えた。

2016年からミス・ワールド・ジャパンの公式スポンサーを務めるまくらぼは、選考会などで美容効果を高める睡眠学のカリキュラムを提供している。

ミス・ワールド2018日本大会入場チケット販売も始まる

また、8月28日にANAインターコンチネンタル東京で開催されるミス・ワールド2018日本大会(ミス・ワールド2018世界大会 日本代表選考)入場チケットの販売が始まった。

入場料はひとり2万円。開場は13:30、開演は14:00。閉演は16:30。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事