JR西、DEC700などで「次世代バイオディーゼル燃料」実証試験へ

2022.08.24

DEC700形イメージ(画像:JR西日本)

JR西日本は2022年8月24日、次世代バイオディーゼル燃料の導入に向けた実証実験を開始すると発表しました。

同社が2021年に定めた環境長期目標「JR西日本グループ ゼロカーボン 2050」の達成に向けた取り組みの一環として行われるもので、実験にはDEC700またはキハ40などを使用し、エンジン単体での性能確認試験(2022年度)、走行試験(2023年度)、長期走行試験(2024年度)を経て2025年度以降の本導入を目指します。

走行試験では通常期・夏期・冬期の3シーズンで各1ヶ月程度、1日1往復の試験走行を行い気温の影響を確認します。

長期走行試験では、複数の営業列車を次世代バイオディーゼル燃料100%で1車両あたり1日200キロ程度走行させ、燃料消費量の変化や品質レベル、安全性・安定性などを確認します。

目標はJR西日本が保有するディーゼル車両の燃料を次世代バイオディーゼル燃料へ100%置き換えること。「次世代バイオディーゼル燃料を常時100%使用する本格実装」に向けた長期走行試験を行うのは鉄道事業者で初めてとなります。

<鉄道チャンネル 関連記事>
新型特急「HC85系」が次世代バイオディーゼル燃料で動いた JR東海が実用性検証試験公開 ユーグレナ社の燃料に着目した理由は
https://tetsudo-ch.com/12168558.html


LINEで送る

オススメ記事