「ハピラインふくい」のロゴマークが決定

2022.08.28

2024年春の北陸新幹線金沢~敦賀間延伸開業により、並行在来線として経営分離される北陸本線の福井県内区間運行を担う三セク「ハピラインふくい」――そのロゴマークが決定しました。

ロゴマークは事前に3案制作されており、今年7月に一般を対象とした意見募集が行われていました。採用されたB案はハピラインふくいの頭文字「H」「F」をひとつのマークにまとめたもので、安定感のある三角形とひし形をやわらかなフォルムにして構成されています。

キャッチコピーは「ふくいとあしたの架け橋に」。同社は「駅と駅を結ぶだけでなく、人、暮らし、産業、文化など、福井県各地域の多様な営み・事象を結びつけ、未来に向けて福井県ならではの新しい価値を生み出すことを目指す」としています。

(画像:ハピラインふくい)


LINEで送る

オススメ記事