東洋製罐グループが容器を中心とした2040年の未来予測に初めて挑戦! アジア最大の国際総合包装展 TOKYO PACK 2022 でアピール!

2022.10.17

東洋製罐グループは、2022年10月12~14日、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で行われるアジア最大の国際総合包装展「TOKYO PACK 2022」に出展。「つつむを超える。」をコンセプトに、「食と健康、快適な生活を支える容器の未来」に関するグループ初となる未来を描いた大型の展示ブースを出展した。

その想いについて、同社はこう語る。

「近年、世界各国ではSDGsへの取り組みを加速させており、同時に環境問題や食糧問題など様々な社会課題に直面しています。日本においては、2025年から2040年のわずか15年間において、労働人口(20歳〜64歳)が約1,000万人も減少するとされる「2040年問題」も叫ばれており、深刻な「超高齢化社会」が近づいています。

創業100年以上の歴史を持つ東洋製罐グループは、これまで世の中が抱える様々な課題に対して真剣に向き合い、“日本初の自動製缶”や“世界初のレトルトパウチ”など、現在ではスタンダードになっている多くの包む技術を発明し、様々な容器のイノベーションによって社会課題の解決に寄与してきました。

同時に、近い未来に直面する課題に対しても、業界最大手のメーカーとして、“当グループの技術がどのように活用され、どのように世の中へ貢献できるのか”といった未来の視点を大切に事業を展開しています。

そしてこの度、2022年10月12日(水)から14日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて行われるアジア最大の国際総合包装展「TOKYO PACK 2022」において、「つつむを超える。」をコンセプトに、容器を中心とした2040年の未来の予測に当グループとして初めて挑戦し、「食と健康、快適な生活を支える容器の未来」に関する未来を描いた大型の展示ブースを展開いたします。

今回は、当グループが長期ビジョンで掲げている「多様性への対応」、「持続可能な社会への実現」から、「多様性への対応」に焦点を当てた展示を展開いたします。環境問題や食糧問題、「2040年問題」といった様々な社会課題に向き合い、具体的な6つの未来のシーンを想定したうえで、当グループがご提案する“未来のスタンダード”を、パネルや動画、実物のプロダクトを用いて表現いたします。

2040年は、当グループの「長期経営ビジョン2050『未来をつつむ』」の10年前に当たり、様々な社会問題が懸念されるタイミングでもあります。2040年の未来の課題に対して、我々の技術がどのように介在し、どのように世の中へ貢献していくのかを表現します。“容器”はもちろんのこと、当グループが見据える「つつむを超える。」少し先の未来をご体感いただけるブースとなっております。

未来では、3Dフードプリンティング技術により、個人の不足している栄養素をパーソナライズして日々の食事を摂る世の中になっていると推測されます。東洋製罐グループは、容器の進化とともに、代替食品メーカーとの協業を通じて、パーソナライズとサステナブルが一体となった食卓のあり方を提案していきます。

未来では、病気の予防・早期発見を実現するためには継続的なライフログの蓄積が必要不可欠になっていると考えられます。東洋製罐グループは、インターネットに接続されたIoP(Internet of Package)容器から、日々の生活行動データを取得し、身体の変化や、運動量の変化を定量的に観測し、健康管理に寄与していきます。

未来では、あらゆる食品加工技術がオープンになることで、食文化の発展はさらに加速すると考えられます。誰が作っても、安全・高品質・適正コストを担保できるように、東洋製罐グループの持つ過去の膨大な食材加工データを元に、食材、料理、気温、容器、趣向などの様々な条件からシミュレーションをおこない、最適な食の処方や殺菌条件を提案していきます。

未来では、資源循環に直接貢献でき、サスティナビリティを高めるリサイクル方法であるマテリアルリサイクルの比率が高まると推測されます。東洋製罐グループの技術を結集し、マテリアルリサイクルの実現に必要な、食品残渣の洗浄、マテリアル単位での分別、素材の圧縮、リサイクル参画者を増やす体験設計といった課題を解決していきます。

未来では、モノだけでなく、そのモノを購入するまでのサプライチェーン全体を生活者が選択していく時代になっているのではないでしょうか。購入時の情報や、購入者のライフスタイルに合わせて、最適な素材・サイズでの包装をおこない、環境・使う人の双方に優しいエシカルパッケージを東洋製罐グループの包装技術で提供していきます。

未来では、日本の労働力不足を解消するために、自動運転やドローンによる配送など、これまでになかったインフラ整備や法改正が進むと考えられます。無人でのビルなどの高所の外壁洗浄やメンテナンスを可能にする「ドローンに着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置」といった新テクノロジー開発、機能性素材の開発によって、東洋製罐グループは暮らしやすい社会づくりに貢献していきます」(東洋製罐グループ)