ファン急増中の人気寝具 NELL の「眠気が見えるコーヒー屋」東京・六本木ヒルズで 11/17~11/19 開店! 睡眠不足を可視化、井戸田潤 小沢一敬 中村静香もイチ推し!

2022.11.18

知ってた?

日本人の睡眠時間は33か国のなかで最下位。

日本の睡眠不足による経済損失は年間15兆円。

国民の9割が睡眠になんらかの悩みを抱えている……。

―――そんな時代に、ファン急増中の寝具ブランドが、NELL(by Morght)。

NELLマットレス(https://nell.life/)は、寝返りに特化した寝具で、20~30代女性を中心に支持され、約2年で売上が315倍へ成長。2022年には2万台以上を販売し、注目を集めている。

睡眠不足をカフェイン量で可視化、六本木で開催!

そんな NELL 初のリアルイベント「眠気が見えるコーヒー屋」を東京・六本木ヒルズ 大屋根プラザで11月17~19日 9~17時の3日間だけ開催!

店頭ではかんたんな設問をもとに来場者の眠気を測定し、結果に応じて異なる5段階のカフェイン量のコーヒーを無料で提供。

NELL マットレスでリラックスしながらコーヒーを楽しみながら、睡眠不足をカフェイン量で可視化できるという仕掛けで、初日に訪れたスピードワゴン井戸田潤・小沢一敬と中村静香も「これはいい!」と推す。

「寝返り」に特化したNELLマットレスの特長

2020年に登場した NELLマットレス は、上質な寝心地を実現するために 「寝返り」に特化したマットレス。

人は睡眠中に20回以上の寝返りを打つほど、良質な睡眠を取るにあたり「寝返り」は非常に大切。

柔らかすぎるマットレスや体圧分散値が低いマットレスは寝返りを打ちづらく、それにより血流が悪くなることで、肩こりや腰痛の原因になる。

そこで NELLマットレスは、「寝返りのしやすさ」に着目し、起床時の肩こりや腰痛といった身体の不調を最小限におさえるつくりに。20~30代の女性たちを中心に、たちまちヒットした。

彼女たちが NELLマットレスを支持する理由が、次の4つのメリットといわれる。

◆業界最高水準の1734個のポケットコイルを使用し、包み込まれるような寝心地を実現

◆自然な寝返りにより深い眠りへ導き、血流を阻害しないことでからだの負担を軽減

◆120日のトライアル期間で、返金・返品保証

◆安心して長く使えるように、10年間の耐久保証

NELLマットレスをプレゼントする Twitterキャンペーン実施中

いま、「眠気が見えるコーヒー屋」のオープンを記念し、NELLマットレスをゲットできる Twitterキャンペーンも実施中。

11月17~30日の間で、公式 Twitterアカウント(https://twitter.com/NELL_mattress)をフォローし、該当ツイートをリツイートすると、NELLマットレス を抽選で1名に当たるから、気になる人はチェックしてみて↓↓↓
https://twitter.com/NELL_mattress/status/1593031160438792193?cxt=HHwWgoCpoc7ZypssAAAA

―――2020年10月にスタートした、D2C寝具ブランド「NELL」は、睡眠の本質を「準備」と捉え、生活者が睡眠時間以外の生活において最高のパフォーマンスが発揮できるように、質の高い準備=睡眠を提供することを目的に、製品の研究・開発を展開中。

その最新情報は公式サイトを、チェック↓↓↓
https://nell.life/


NELLを手がける Morght の土井皓貴代表取締役は1997年生まれ、東京都出身。高校在学中にスタンフォード大学に短期留学し、シリコンバレーのスタートアップ文化に影響を受け、起業を決意。大学へは進学せず、高校3年時の2015年に株式会社Branding Engineerへ入社。イベント事業部の立ち上げや新卒採用に従事し、入社当時5名だった組織を80名規模へ拡大するまでの一翼を担う。2018年5月、株式会社Morghtを創業し、アプリ開発や新卒採用支援サービスを展開。2020年10月、D2C寝具ブランド「NELL」を立ち上げる。