東武鉄道は2023年3月18日にダイヤ改正を実施し、特急料金を改定します。

特急「スペーシア(けごん・きぬ)」は平日・土休日料金の区分を統一し、現在の土休日料金を基準に30~200円の値上げを行います。41~60キロ区間と61~90キロ区間、個室料金は据え置きです。

特急「りょうもう」は61~90キロ区間を除き30~200円の値上げ。スカイツリーライナーは北千住・曳舟・とうきょうスカイツリー発の料金は据え置きますが、春日部発の40キロまでの料金を30円値上げします。

また、スペーシアなどに設定されている特定区間を現行の「浅草~久喜」「浅草~杉戸高野台」から、「浅草~久喜」「浅草~南栗橋」「下今市~東武日光」「下今市~鬼怒川温泉」に変更します。改定前後の詳細な特急料金比較は下記表の通りです。

スペーシア、リバティの特急料金表(画像:東武鉄道)
「りょうもう」特急料金表(画像:東武鉄道)

今回のダイヤ改正ではJR相互直通特急列車、アーバンパークライナー、SL大樹・SL大樹ふたら、DL大樹、THライナー、TJライナーの料金に変更はありません。