2023年に第16回目をむかえる「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」では、6月から作品の募集を開始しています。

総合光学機器メーカーのタムロンは、鉄道のまち大宮(さいたま市)に本社を置く企業として、地域の活性化と鉄道文化・写真文化の振興に貢献することを目的に、この「タムロン鉄道風景コンテスト」を2008 年から毎年開催しています。2022年の第15回目の大会には総数4,331点もの応募がありました。このコンテストは、定番の鉄道写真に加え、鉄道写真の枠に囚われない自由な発想の作品を募っているのが特徴的です。

2022年 小・中・高校生の部 大賞 「一日の終わり」 平岩 和久様

2023年のコンテストでは 応募方法&賞の構成がリニューアル

写真撮影の方法や作品の内容がさらに多様化してきたことを受け、今回は応募方法と賞の構成がリニューアルされました。

ADVERTISEMENT

1. 「Web応募」の新設
気軽にインターネットからご応募いただける「Web応募」の受付を開始します。従来のプリント仕上げまでのクオリティーにこだわった「プリント応募」と合わせて2種類の応募方法からお選びいただけます。(※「Web応募」の開始にともない「タムロンInstagramコンテスト」は終了します。)

2. 「ユニーク/ユーモア賞」の新設
「ユニーク/ユーモア賞」を各部に新設し、既存の鉄道写真に囚われない自由な発想のある作品を評価する賞の構成としました。開催当初からの多種多様な作品を幅広く募る姿勢を反映しました。

3. 「小・中・高校生の部」を「U-18(18歳未満)の部」に変更
成人年齢が18歳に変更になったことにより、従来は「小・中・高校生の部」として高校生以下の方を対象にしていたものを、未成年者を対象とした「U-18(18歳未満)の部」へと変更しました。

2022年 一般の部 大賞 「ありがとう」 木綱 武雄様

「タムロン鉄道風景コンテスト」応募に関して

<応募形態>
・プリント応募 プリントを作成し、郵送もしくは宅配便にて応募
・Web 応募 画像データを指定のサイズ、形式に調整して特設サイトから応募

<応募期間>
2023 年 6 月 1 日(木)〜9 月 4 日(月)
・プリント応募 郵送(消印)/宅配便(受付日)有効
・Web 応募 9 月 4 日(月) 23 時 59 分にて受付終了

<募集部門>
・一般の部
・「U-18(18 歳未満)の部」 <応募時に 17 歳までの方>※応募者全員が未成年となるため、保護者の同意が必須です。

<全入賞作品を展示する「タムロン鉄道風景コンテスト 入賞作品写真展」>
2023年の予定。2023年11月14日(火)~30 日(木)、開場時間:午前10:00~午後8:00、会場:そごう大宮店 3階特設会場、入場料:無料

その他、詳しくは、下記のタムロン鉄道風景コンテストの特設ページをご覧ください。 https://www.tamron.com/jp/special/contest/train2023/

8/5には鉄道博物館で特別イベントも開催されます

特別イベントとして「鉄道博物館ナイトミュージアム撮影会&鉄道撮影マナー講座」が開催されます。この特別イベントは、鉄道撮影マナー向上の啓発を目的とした講座で、JR東日本大宮支社の協力を得て、埼玉県さいたま市の鉄道博物館にて開催されます。

鉄道写真撮影のマナーは、近年多くのメディアに取り上げられるほどの社会問題となっており、鉄道写真を撮影しない方も広く認知するものとなりました。タムロンは、鉄道風景コンテストの主催者として、改めて鉄道撮影マナーの大切さや撮影の楽しさを知っていただくため、本イベントを開催するそうです。

<特別イベントの概要>
ご参加の皆さまには鉄道博物館ナイトミュージアム撮影会と合わせ、鉄道撮影マナー講座を受講いただきます。また、当日はタムロンレンズの貸出しがあります。(数量限定)
◼ 開催日時: 2023 年 8 月 5 日(土) 17 時 30 分~19 時 30 分(貸切)
◼ 会場: 鉄道博物館 – 埼玉県さいたま市大宮区大成町 3 丁目 47 番
◼ 参加費: 無料
◼ 定員: 150 組・300 名 (2人1 組もしくは 1名様でのご応募)※応募者多数の場合は抽選となります。
◼ 応募期間:2023 年 6 月 15 日(木)~7 月 13 日(木) 23 時 59 分まで
◼ 応募方法: タムロンウェブサイト特設ページ内の応募ボタンをクリックし、必要事項をご入力ください
https://www.tamron.com/jp/special/contest/train2023/event.html

(写真:タムロン)

私たちの生活の身近にある鉄道ですが、その鉄道のある風景を切り取った一枚の写真を見ていると、その写真の背景にある色々なことが想像ができてとても良い時間を過ごせますよね。あなたの普段の生活の中で、鉄道がすこしでも感じられる風景写真が撮影できたなら、ぜひこのコンテストに応募してみてはいかがでしょうか。

鉄道チャンネル編集部