富士急グループの一員であるハイランドリゾート ホテル&スパ(山梨県富士吉田市)が、こだわり満載の鉄道コンセプトルーム「富士急行線ルーム」を2023年7月29日にオープンします。予約は7月7日12時から。

「富士急行線ルーム」では、1994年から26年にわたり富士急行線で運行され、2020年10月に惜しまれつつ引退した「1000系・1202号編成」の部品を随所に再利用しています。さらに「鉄道BIG4」としても知られる南田裕介さんの監修による「鉄道ファンの好奇心を刺激する仕掛け」をふんだんに盛り込み、唯一無二のコンセプトルームとして仕上がったと言います。

ルームの扉を開けると、実際に1202号編成で使用されていたた荷物棚や車窓、つり革がお出迎え。

ADVERTISEMENT

幌をくぐって渡り板を通行すれば、連結部を通るような没入体験を経て客室エリアへ。

さらに客室エリアでは1202号編成の先頭車両の「顔」を忠実に再現した造作が!

その後ろ側には実物の運転台や椅子、乗務員扉、車内放送装置まで設置されており、まるで乗務員室で運転士や車掌になったかのような体験を楽しめます。

さらに、運転台から眺められるよう設置された大型モニターでは、鉄道ファンのツボを刺激する富士急行線沿線の推し走行区間の前面展望動画が流れるそうで……

予約はハイランドリゾート ホテル&スパの公式WEBページのみで受け付けます。宿泊者には「富士山麓電鐵」の台紙つきルームキーや路線図フェイスタオルなどのプレゼントも。ホテルへのアクセスは、富士急行線富士山駅下車、タクシーで約10分です。

【関連リンク】