ぐんま車両センターに所属するEF64形、撮影会でも登場する予定です(写真:JR東日本)

1904年に開業した新潟駅が今年で120周年を迎えることから、JR東日本新潟支社が「新潟駅開業120周年号」を運転します。運転日は2024年5月11日(土)・12日(日)。運転ダイヤ・停車駅は次の通りです。

◆往路:5月11日(土)
越後湯沢11:00発→長岡12:02発→新津13:10発→新潟13:27着

◆復路:5月12日(日)
新潟13:57発→新津14:23発→長岡15:05発→越後湯沢16:08着

ADVERTISEMENT

EF64形電気機関車を使用し、旧型客車6両を牽引。両日とも新津~新潟間は牽引機だけでなく、最後部にEF64形を連結します。また先頭側にはヘッドマークを取り付けて運転するということです。

車両は全車指定席。指定席券は、乗車日1カ月前の10:00から発売します。4号車はラウンジカーで、混雑時は利用時間に制限が設けられます。

お楽しみ企画いろいろ

車内では記念乗車証を往路・復路異なるデザインで1人1枚配布するほか、ラウンジカーでクリアファイルやキーホルダー等の鉄道グッズ販売を行います(会計はSuica等交通系電子マネーのみ)。1回のお買い物で2,000円以上のお会計をされた方には非売品のオリジナルストラップもプレゼント。

さらに、復路では新潟市の新潟車両センターで出区待ち(発車準備)をしている車両の撮影会も開催。撮影時間は90分ほどで、EF64形や旧型客車が登場します。

撮影会は販売価格1人20,000円、限定30名。2024年4月8日(月)12:30から5月6日(月)23:59まで、JRE MALLの新潟支社販売ページにて先着順で発売します。

【関連リンク】