埼玉県飯能市の「ムーミンバレーパーク」は、その名の通りムーミンをテーマにした郊外型レジャー施設。四季折々の豊かな自然環境や季節ごとのデコレーション演出から、ムーミンの物語を体験できる。今年は開業5周年の節目の年だ。

そんなムーミンバレーパークで、2024年4月19日(金)から素敵なイベントが始まった。

その名も『ムーミン谷とアンブレラ』――パーク内に約1000本の傘が広がり、全長200メートルのアンブレラの回廊が視界を埋め尽くす。

ADVERTISEMENT

そして、カラフルな傘に覆われたアンブレラスカイロードでは、毎時0分・15分・30分・45分の約3分にシャボン玉タイムも……傘とシャボン玉の共演は目を奪われるほど美しい。

イベントは7月7日(日)まで、期間中には限定のスイーツメニューなども登場するから、グルメさんはこちらも要チェック!5月12日(日)まではInstagramやXなどでフォトコンテストも開催されているから、気になる人は「#アンブレラフォトコン2024」で検索してみて。

それに、4月27日(土)~5月6日(月)のGWには「ムーミン谷の湖上花火大会」も行われる。オリジナルソングに合わせて、湖上から一斉に放たれる花火が華やかな光と色彩を空に描き出すイベントは、友達同士の旅行だけじゃなくデートにもうってつけだ。

西武特急「ラビュー」に乗っていこう!

関東近郊の東京駅や新宿駅、大宮駅や横浜駅からの直行バスもあるけど、鉄道ファンならぜひ西武鉄道「飯能駅」からバスに乗って行きたいところ。

飯能駅にはムーミンの生まれ故郷フィンランドのデザイナーが造形した木のオブジェなどもあり、ムーミンバレーパーク到着前からワクワク感を高めてくれる。

しかも、西武鉄道はことし3月15日から1年間、「特急ラビュー5周年 × ムーミンバレーパーク5周年 共同キャンペーン」を展開している。001系特急「ラビュー(Laview)」はムーミンバレーパーク同様、2019年の3月ダイヤ改正でデビュー。同い年コラボというわけだ。

コラボでは特急「ラビュー」G編成(1本だけ!)の運転台にムーミントロール・リトルミイのぬいぐるみを乗せたり、車内にムーミンバレーパークを感じさせる装飾をしたりと、移動中にも気分を盛り上げてくれる。

ムーミン装飾が施されたG編成は2025年3月15日まで運行。運行中の位置は「西武線アプリ」の「列車走行位置画面」でチェックできるから、狙って乗車するのはちょっと難しいかもしれないけど、気になる人は追いかけてみて。

さらに、西武鉄道の(多摩川線を除く)全線が1日乗り放題、飯能駅北口~メッツァ間のバス往復乗車券にムーミンバレーパーク1デーパスもセットになった「ムーミンバレーパークおでかけパス(デジタル)」も発売中。

ムーミンバレーパークの1デーパス当日券は大人3,600円(前売り3,400円)、こども2,200円(前売り2,000円)なのに対し、こちらのおでかけパスは大人4,100円、小児2,400円。交通費を考えるとかなりおトクなチケットになる。お住いの場所によってはバスで直行したりJRの東飯能駅から行く方が安くなる場合もありそうだから、旅行の際は事前に比較してみよう。

素敵なイベントでいっぱいのムーミンバレーパーク。行くなら混雑が予想されるGWより、4月下旬のこの時期が良いか――名車「ラビュー」と一緒に、目いっぱい楽しんで。

※画像:西武鉄道 ©Moomin Characters(TM)

【関連リンク】