東急電鉄の5050系車両(写真:Nozomi / PIXTA)

東急電鉄は東横線・新横浜線系統で使用する5050系4000番台1編成(10両)に新幹線デザインのラッピングを施します。運行開始は2024年5月14日(火)の予定です。

同社は今年3月から「西日本へのお楽しみは、新横浜から。」をキャッチコピーとする「enjoy WEST」プロモーションの一環として、目黒線・東急新横浜線系統で使用する3020系1編成(8両編成)を新幹線風のデザインにしたラッピングトレインを運行しています。車両には新幹線と同じブルーのラインを2本施し、西日本の各エリアを想起させるステッカーなどを貼り付けていました。

5050系4000番台の新幹線ラッピングは、その第2弾という位置付け。現在も運行中の3020系新幹線ラッピングは車体の上半分のみでしたが、今回は車両全体をラッピングし、より新幹線に近づけたデザインとなります。

ラッピングデザインイメージ(画像:東急電鉄)

ADVERTISEMENT

◆運行期間 :2024年5月14日(火)から当面の間
◆車両:東急電鉄5050系4000番台1編成(10両編成)
◆運行区間:
相鉄本線・相鉄いずみ野線~東急新横浜線~東急東横線~東京メトロ副都心線~東武東上線
横浜高速鉄道みなとみらい線~東急東横線~東京メトロ副都心線~西武池袋線・東武東上線

同社によれば、東横線で使用する車両としては2013年4月デビューの「Shibuya Hikarie号」、2017年9月デビューの「青ガエル」復刻ラッピング以来の特別装飾になるということです。

【関連リンク】