Huber.と小田急・江ノ電、訪日外国人旅行者の江の島・鎌倉エリア動向調査を実施

2017.07.18

訪日外国人向けガイドマッチング事業を手がけるHuber.(神奈川県鎌倉市)と、小田急電鉄、江ノ島電鉄は、訪日外国人旅行者を対象に観光案内を通じたリサーチを行います。江の島・鎌倉エリアの新たな観光資源開拓が目的。実施は7月16日から9月下旬まで。

訪日外国人旅行者が増加傾向にある江の島・鎌倉エリア。同エリアを沿線観光地とする小田急電鉄と江ノ島電鉄は、鎌倉エリアに本拠地を構え、新たなアプローチによる観光ガイドサービスを提供する Huber.と連携し、さらなる誘客をめざします。

今後は、江の島・鎌倉エリアになじみのあるガイドが、訪日外国人個人旅行者約20組に対し、無料で同エリアを観光案内。

3社は、インバウンドにさまざまな場所を案内し、期間中に開催している日本の夏を意識したイベント( KAMAKURA DESIGN+ART WALK みずたまてん/江の島灯篭2017/かまくら長谷の灯り)を紹介。そのガイド中に得られた訪日外国人旅行者の生の声を収集・分析することで新たな観光資源を開拓していく構えです。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです